金魚すくいのお話。

 

こんにちは!

今回は金魚すくいのお話しです!

自分は金魚すくいが好きで、お祭り等で金魚すくいがあると必ずやってしまいます!

 

 

小さい頃から魚が好きでお祭りに連れて行って貰っては金魚すくいを親にせがんで何度もやりました笑

大人になった今でも気持ちはその時のままで、未だに金魚すくいは本気でやります。本気と書いてマジです笑

 

今回は自分なりにお祭りで、こんな感じですくうと金魚がすくえるというのをまとめてみます!

まず金魚すくいに欠かせないのがポイです。
これは号数が重要です。
これは紙が厚ければ号数が低い数字で紙が
薄ければ高い数字になります。
だいたいお祭りの金魚で使用されている号数が4から7号なので4号、5号くらいの場所を選びます。

この時絶対に金魚すくいの人に号数は聞かないで下さい!!
すごく嫌な顔をされます笑
なのでチラッと見てポイの入っている箱を確認し、箱に書いてある号数を見て確認してください。

 

そしていよいよ金魚をすくうのですが、出来ればある程度空いているところを選びます。
お祭りで金魚をすくう場合は競技ではないので、せっかくなら自分の気に入った金魚を選びすくいたいので追いかける時に人がいない方が断然有利です!

次に金魚はなるべく丸っこい体型のものを選びます。
これは意外と思う方も多いかも知れません。
なぜなら明らかに一番多く入っている流線型の一般的な小赤と呼ばれる金魚に対して丸っこい体型の金魚の方が重そうで、ポイの紙を破りやすいように思われがちですが、重さ以上に暴れなくて、泳ぐスピードも遅く、なおかつ小赤より値段が高いのです!笑

 

大き過ぎる金魚は別として、大きさが同じくらいであれば明らかに丸っこい体型の金魚がすくいやすく自分は感じます。

 

それぞれ個性的なのもありますし、せっかく家族に迎え入れるなら出目金や琉金等の丸っこい体型金魚をオススメします!

 

次にお祭りであれば大抵言われないのですが、金魚を入れるお碗は必ず持ち、すくいたい金魚の近くに持ちながら移動させます。

 

競技なんかだとダメですが、お祭りなら大抵言われる事はないのですくう場所のなるべく近くにポイを持つ手の反対の手で、すくう金魚のなるべく近くにお碗を構えて下さい。

 

これは、なるべく、金魚をすくった時の滞空時間を短くするためです。

ここまで来たら次はポイの角度と、ポイの表裏です。
これが一番重要で、水の抵抗をモロに受けないように金魚をポイを傾けながらポイの上の水を捨てつつ斜めに金魚を持ち上げます。
次にこれが最も重要で、ポイの裏を使います。
これは、斜めに金魚を持ち上げた時にポイの枠が金魚がポイから落ちない為のストッパーの役割を果たしてくれます。

 

 

とにかく数だけすくいたいという場合は表を使った方がいいですが、4から5号のポイであれば裏で十分すくえます。

以上が自分なりに、お祭りで金魚をすくう時に注意している事です!

実践してみると面白いと思うので是非試してみて下さい!

 

投稿スタッフ:武藤 大介

マテリアル

風花

久喜

メンテナンス

コラージュ

スマート

サムライ

ヴィラヴァ

アース

ウェディング

マテリアル

風花

久喜

メンテナンス

コラージュ

スマート

サムライ

ヴィラヴァ

アース

ウェディング