マスの仲間は赤身?ピンク身?

 

みなさん、おはこんばんちわ!
キヨでございます。
いつもUWSのコラムを読んでくださっている方も、
はじめましての方も、読んでくださりありがとうございます。

 

 

よくお寿司屋さんで注文する時、「とりあえずサーモンで!」と、
一番最初にサーモンを注文する人が多いらしいですよ!
そんな味に安定感のある魚「サーモン」
マスの仲間で、UWSアングラーズにもお馴染みの魚。
みなさんも「サーモンピンク」という言葉を
耳にしたことがあるかもしれませんが、
サーモンは赤身なのでしょうか?それともサーモンピンクと
呼ばれるように、ピンク身なのでしょうか?

 

そもそもサーモンの身はなぜあんな色をしているのでしょうか?
それは抗酸化作用を持つ「アスタキサンチン」が含まれているからなのです。
アスタキサンチンはカロテノイドの一種で、
赤い色素の色揚げ効果もあり、熱帯魚や金魚の餌などに含まれています。
また前述の抗酸化作用もありますので、
餌を酸化から守ってくれる働きもあります。
エビやカニを茹でると、甲羅が目も冴えるような赤に変わるのは、
このアスタキサンチンを有しているからなのです。
ちなみにアスタキサンチンの他にも、ゼアキサンチン(橙色)、
ツナキサンチン(黄色)などがあります。

 

サーモンの身もエビやカニと一緒で、
アスタキサンチンを多く含んでいます。
よってあのような鮮やかな色をした身でいるわけなのです。
それじゃアスタキサンチンが含まれていないとどうなるか。
アスタキサンチンが含まれない、もしくは極端に少ない身は、
白い色をしています。餌に含まれるアスタキサンチンを
筋肉(身)に蓄積させることで、サーモンはあの鮮やかな色の身になります。
つまり、サーモンの仲間は白身なのです。

 

タイもサーモンと同じ白身

サーモン身は、時に薄いピンクや白い身になることがあります。
それは産卵のシーズンです。産卵のシーズンになると、
身から卵にアスタキサンチンが移動していくのです。

 

 

つまり卵を守るために強い抗酸化作用をもたせ、
それによってイクラは、厳しい自然界で孵化し、
次の世代を残していけるのです。
まさに親から子へ受け継がれる命のリレー。
生き物って、素晴らしいですね!

 

 

今日もお付き合いくださり、ありがとうございました。
キヨでした!

 

マテリアル

風花

久喜

メンテナンス

コラージュ

スマート

サムライ

ヴィラヴァ

アース

ウェディング

マテリアル

風花

久喜

メンテナンス

コラージュ

スマート

サムライ

ヴィラヴァ

アース

ウェディング